しっかりと噛める入れ歯があります

入れ歯というと、これまでは「当たると痛い」「硬いものが噛めない」という印象が強いものでした。 しかし最近では入れ歯も進化しており、強度の高いものや装着感の良いものなど、さまざまな特殊入れ歯ができています。
また、プラスチックの義歯など保険適用の治療であっても違和感を感じられたら都度の調整も比較的安価で行える場合もありますので、まずはご相談ください。

入れ歯の種類

入れ歯(デンチャー)には「部分入れ歯」と「総入れ歯」があります。
様々な種類の義歯から、装着する箇所に最適なものがお選びいただけるほか、ここではいくつかの入れ歯をご紹介します。

入れ歯は身体の一部になります。お口の状態を健康に保つため、患者様に合った入れ歯をご使用いただくことが大切です。定期的にメインテナンスを行い、入れ歯と上手に付き合いましょう。

総入れ歯

保険適応の一般的なプラスチック製入れ歯です。強度を保つため床の部分が厚くなっているので装着時に違和感を覚える方が多いようです。

費用が抑えられる、修理がしやすいといったメリットがあります。

総入れ歯/部分入れ歯

入れ歯の土台となる部分(床)が薄くて強度のある金属でできた入れ歯で、レジン床義歯より装着時の違和感が少なくなります。

チタン、金、白金加金、コバルトクロム、ニッケルクロムなどが主に使用される金属です。

部分入れ歯

金具を一切使わず、軽くて柔らかい素材でできた部分入れ歯です。 入れ歯の素材そのものに弾性があるため、装着時の違和感が普通の入れ歯より少なくなります。金属を使っていないので目立たず、金属アレルギーの心配がないのが特徴です。

総入れ歯/部分入れ歯

義歯の床部分が柔らかいシリコンで出来ています。「入れ歯が痛い」ということが非常に少なく、吸盤のような効果もあり、良く噛めるようになります。
ただし、シリコンの特性上、汚れが付きやすいのでこまめなお手入れが重要です。

総入れ歯/部分入れ歯

入れ歯と残っている歯、それぞれに磁石を取り付けることによって、磁性の吸引力を利用する入れ歯です。歯根が少しでも残っていれば、その中に土台を装着し、入れ歯の中に磁石を装着して磁力で入れ歯を維持させることが可能です。